地域の美味しい料理店

鰻

食通の間で人気がある理由

浜松は、うなぎの名産地として全国的に有名です。それでは、なぜ浜松はうなぎで有名になったのでしょうか。浜松では、明治時代にうなぎの養殖が行われるようになりました。養殖環境としてこれ以上ない栄養豊富な湖があったためです。幸いなことに、浜松の気候も養殖環境として最適でした。初期の頃はある程度育った状態のうなぎが養殖に使用されていましたが、技術の進歩により卵からかえったばかりの稚魚から養殖できるようになりました。それにより、良質のうなぎが大量に獲れるようになったのです。浜松でうなぎの養殖が成功したことにより、養殖池の周辺を中心にうなぎ料理店が数多く誕生しました。今でも続く老舗の店では、秘伝のタレを使用した美味しいうなぎ料理を堪能することができます。代々受け継がれた秘伝のタレは、ここでしか味わうことができません。蒲焼やうな重など、メニュー内容も充実しています。そのため、浜松ならではの味を求めて全国各地から食通が訪れるようになりました。浜松のうなぎが美味しいのは、素材そのものの良さにも起因します。抜群の環境で育ったうなぎは肉厚で、甘くジューシーな脂が含まれています。サイズも大きいため、食べごたえも十分です。含まれる栄養価も高いため、滋養強壮にも効果的です。夏バテ予防や貧血改善にも役立つため、体力をつける意味で食べる人もいます。メリットが多いことから、食通を中心に多くの人に支持されるようになりました。